例せば、同じ品質、同じ機能の水物を比べた砌、多少割高でも好きのブランドの方を選んだ体得はありませんか?素材や品質、機能、価格に対する裁断基準を飛び越え、そのブランドの製品を選ばせてしまう、そういった魅力がブランドのパワーと言えるでしょう。つまり、自分勝手な独りよがりの思案で構築するものではなく、顧客にとって価値や狭義があることが主要なのです。

 

「その衆生ならではの強みや価値」を、個人のブランド、パーソナルブランドと呼びます。それがパーソナルブランドを築城ことの真意です。

 

すると、おのずと筋肉労働が会同、その本務や成果を通じてさらに評判を高めるという好い循環が生まれます。同じことが個人についても言えます。

 

「〜と言えば○○さん」といった評判を得ている人間は、「○○さんに頼めば、きっといい納まりが得られる」という要望や信頼を持たれています。ただし、委託品・製品ブランドにおいて消費人からのイメージが決め手となっているように、パーソナルブランドも、顧客の評価やイメージによって約束ことを忘れてはなりません。

 

企業や残り物・製品には様々なブランドがありますが、ブランドの考え方は、私事たち個人にも当てはまります。